クレジットカードをもっとお得に利用するにはどうすれば良いのでしょうか?

クレジットカードでの超節約術を一挙ご紹介!おすすめクレジットカードの紹介も充実。

携帯電話代金が節約できるクレジットカードはどれ?

携帯電話代金を節約したいときは、以下の方法でクレジットカードを選んでみてはいかがでしょうか?

クレジット,カード,携帯,ドコモ,ソフトバンク,au
●自分が持っているケータイキャリアが発行するクレジットカードを持つ
ドコモは、NTTカードがあります。ソフトバンクはソフトバンクカード。auはauじぶんカードがあります。

(A)NTTカード
わりと複雑な割引計算をしていますが、簡単に述べると、毎月買い物、電話代金を含め、10万円のクレジットカード利用に対して2000円くらいがキャッシュバックされます。一般的にはポイント還元率が0.6%くらいだと言われています。

(B)auじぶんカード
ポイントが2倍になります。キャンペーン期間中は100円の電話料金ごとに3ポイントが貯まるといううれしいことも!

(C)ソフトバンクカード
100円で1ポイント付与されます。基本がポイントレート1%ですから、わりとお得なクレジットカードであると言えます。

ざっとこういった感じで、NTTカードは、あるていどの利用金額がないといいキャッシュバック率にならないものの、au、ソフトバンクはおおむね1%くらいのキャッシュバック率になります。

●もっとお得に! もっと節約を!

もっと節約しようと思えば、電話会社のクレジットカード以外にも

「電話代金をクレジットカード払いにすると、ポイントが2倍になります」というクレジットカードがあります。たとえばJCBカードとかアメックスなどです。 今現在、多くの人は、毎月1万円ちかく電話代金を支払っているはずです。この「毎月1万円」をめぐって、各社が奪い合いをしているのです。つまり、なんの買い物もしなくても、毎月1万円ぶんのクレジットカードを使ってくれるお客さん=優良顧客なのです。 クレジットカードを利用する私たちも、電話代金をクレジットカード払いにして、クレジットカードのポイントも貯まれば、電話会社独自のポイントも貯まれば、いいことだらけです。

つまり、各ケータイ会社が発行するポイントレートに不満があるのであれば、ケータイ代金の引き落としでポイント2倍になるクレジットカードを探すといいのです。 わりと低めのポイント還元率で有名なJCBだって、携帯料金に関してはポイント2倍にしてくれています。実質1%の還元率です。これプラスJCBの随時キャンペーンを適応すると、うまくいけば1.5%~2%の高還元率を目指すことが可能です。

その他のおすすめカード

クレジット,カード,携帯,ドコモ,ソフトバンク,au

三井住友カード

三井住友カードの魅力をたっぷりとご紹介しています。
クレジット,カード,携帯,ドコモ,ソフトバンク,au

楽天カード

楽天は総合的な利用で、かなりお得に使えるマルチカード。
クレジット,カード,携帯,ドコモ,ソフトバンク,au

ウォルマートカード

意外と人気のあるウォルマートカードをご紹介。