クレジットカードをもっとお得に利用するにはどうすれば良いのでしょうか?

クレジットカードでの超節約術を一挙ご紹介!おすすめクレジットカードの紹介も充実。

高率のポイント還元を誇るクレジットカードはお得なのか?

クレジットカードのポイント還元率は、基本が0.5%であると言われています。

クレジット,カード,ポイント,還元率,節約
たとえば、ポイント還元率が1%のクレジットカードは「お得」であると言われています。だからと言って、高還元率だけに飛びついてクレジットカードをつくるというのも、ちょっと考えものかもしれない・・・というお話をしましょう。

●ポイント還元率のからくり

たとえば三井住友カードのポイント還元率は0.5%です。それに対し、(諸々問題があると思うので固有名詞は書きませんが)マイナーなクレジットカードは1%や2%の高還元率をうたって、カード会員を募集しています。 ここで、私たち消費者は選択を迫られます。●●というマイナーなクレジットカードをお会計のときに出す勇気があるか? マイナーなクレジットカード会社は来年も、まだ経営破綻することなく、存続しているのか? こういったことをよく考える必要があります。クレジットカード各社は、金融法の改正を受けて、頻繁に吸収合併を繰り返しています。吸収されて、サービスの継続をしてくれる会社もありますし、そうでない会社もあります。最悪、貯めたポイントがパーになります。 ということまで考えたうえで、高率キャッシュバックのクレジットカードを選ぶ必要があるということです。

●ポイント還元率だけにこだわっても意味がないというお話

ポイント還元は、いまやどこのクレジットカード会社もやっているので

クレジットカードの比較をする際に、便利です。 しかし、このポイント還元以外に、クレジットカード各社は、様々なサービスを行っています。たとえばイオンカードであれば、毎月2回、イオングループ各店で買い物をすれば、買い物金額から5%の割引をしてくれます。 楽天カードであれば、楽天市場で買い物をすると、毎月何回か割引をしてくれます。割引のときと、ポイント●倍キャンペーンのときと、両方あります。 こういうこともすべて加味して、ポイント還元率を計算すると、クレジットカードの利用状況によっては、かなりの還元率になります。

つまり、ポイント還元率は、クレジットカードのお得感の1つの目安にはなるけれども、絶対的にお得感を約束するものではないということです。 セゾンカードのように、ずば抜けて還元率は良くないものの、永久不滅ポイントのほうが、長い目で見てお得であったということもあります。10年間でかなりのポイントを貯めて、デザイナーズブランドの鍋をポイントでもらったら、これはある種の「かなりの節約」と同等です。 というようなことを考慮して、クレジットカードを選びましょう。

その他のおすすめカード

クレジット,カード,ポイント,還元率,節約

三井住友カード

三井住友カードの魅力をたっぷりとご紹介しています。
クレジット,カード,ポイント,還元率,節約

楽天カード

楽天は総合的な利用で、かなりお得に使えるマルチカード。
クレジット,カード,ポイント,還元率,節約

ウォルマートカード

意外と人気のあるウォルマートカードをご紹介。