クレジットカードをもっとお得に利用するにはどうすれば良いのでしょうか?

クレジットカードでの超節約術を一挙ご紹介!おすすめクレジットカードの紹介も充実。

締め支払いを逆手にとって節約術満載でクレジットカード生活を送る方法

締め支払いってわかりますか?

クレジット,カード,支払,節約
たとえば、クレジットカード会社にて、毎月30日にクレジットカードの利用金額を「締めて」集計をします。その支払いが翌月の20日であったばあい、締め支払いの期間は20日しかありません。翌々月の20日であれば50日あることになります。

●締め支払いが長いほうがいい理由

締め支払いが長いほうがいい理由は、長いとその期間、支払いをしなくて済むからです。この期間に金策をして支払い代金を工面するという、あまり褒められたことではないことをする人もいるでしょうし、締め支払いの期間、収入がない場合は、ラッキーでしょう。

●じゃあ、リボ払いはどうなのかと言えば

自分が持っているクレジットカードの締め支払いの期間が短く、どうしても支払い金額に困れば、リボ払いにする人も多いと思いますが、リボ払いは、ちっとも残高が減りません。最近は、残高スライド方式と言って、減らないようになっているのです。10万円に対して、リボ払いを設定すると、最初に減る元金は5000円程度です。(5000円も減らないこともありますが)。10万円に対して、リボの金利10%超えが適応されるので、金利の支払いが多く、元金はほとんど減りません。 翌月は、10万円から支払った元金の5000円程度を引いた95000円に対してリボの金利が適応されます。こんなことを延々とやっていたら、全然元金が減らないのです。

●よって、締め支払いの長いクレジットカードがお得です。

よって、締め支払いの長いクレジットカードがお得です。

たとえば、「三菱東京UFJカード」。15日締めで翌々月の10日に引き落としです。約55日間も支払いをせずに済みます。 また、「出光カードまいどプラス」。毎月末日に締め、翌々月7日支払いとなります。支払日まで最長で約68日あります。たとえば5月1日にまいどプラスを利用すると、締めは5月31日です。支払いは7月7日です。

●支払いサイトは上手に活用しましょう

もっとも、クレジットカードの利用可能額は、あなたの預金額ではないので、こういった締め支払いのサイトを逆手にとってクレジットカードを利用するというのも、あまり褒められた話ではありません。しかし、世の中「万が一」ということがあるものです。万が一のために、締め支払いサイトの長いクレジットカードを選んでおくというのも、長い目で見て、なにかと金利負担の軽減、ひいては家計の節約になるのです。

その他のおすすめカード

クレジット,カード,支払,節約

三井住友カード

三井住友カードの魅力をたっぷりとご紹介しています。
クレジット,カード,支払,節約

楽天カード

楽天は総合的な利用で、かなりお得に使えるマルチカード。
クレジット,カード,支払,節約

ウォルマートカード

意外と人気のあるウォルマートカードをご紹介。