クレジットカードをもっとお得に利用するにはどうすれば良いのでしょうか?

クレジットカードでの超節約術を一挙ご紹介!おすすめクレジットカードの紹介も充実。

ANAJCBカード

1)カードの特徴

クレジット,カード,旅行,ANA
ANAのマイレージを真剣に貯めている人にとっては非常にありがたいクレジットカードです。年末に実家に帰省する際に、航空券を定価で購入すれば3万円も5万円もするという人にとっては、節約術の1つとして、このANA JCBカードを活用することをお勧めします。 ANAと提携しているほかのクレジットカードよりもマイルが貯まりやすい点として、数々のボーナスマイルがもらえることにあります。まず、クレジットカード入会時に1000マイルがもらえます。ANAに乗るたびに区間基本マイレージの10%が加算され、さらに毎年のクレジットカード更新の際に1000マイルがもらえます(すべて一般カードのレート。ゴールドカードなど上位カードになれば、もっとマイルがもらえます)。

2)セールスポイント

ショッピングの基本ポイントは1000円のクレジットカード利用で10マイルです。公共料金の引き落としや各種買物で毎月6万円のカード利用だと、月600マイル貯まります。年間で7200マイルです。これに加えて、上述したようなボーナスマイルが加算されます。また、期間によっては、さらにボーナスマイルがもらえるキャンペーンを行っていますので、年間に1万マイルや2万マイルを貯めようと思えば、それも無理ではないということです。最近では家賃の支払いにクレジットカード……というケースも増えていますから、こういう手を使うと、年間に3万マイルを貯めるのも夢ではないでしょう。ちなみに大阪、グアム間の航空チケットが2万マイルであると言われています。

3)キャッシュバックに関して

ポイントをANAの航空券に変えた場合のキャッシュバック率は1%~2%であると言われています。

一般カードと上位カードでレートがちがうので、1%~2%というアバウトな表現になりますが、このレートはかなりいいです。クレジットカードの基本キャッシュバック率は0.5%なのです。 よってANAをよく利用する人は、このANAJCBカード1枚を持っておくと、かなりの「節約」になると言えます。

無料航空券は金券と同じですから、1年間ANAJCBカードを使い倒して、金券をもらうに等しいわけです。 細かく見ていけば、年会費が2000円ほどかかりますが(一般カード)、旅行時の傷害保険などが付帯されているので、これだって節約と言えば節約です。渡航先にもよりますが、旅行保険は掛け捨てであれば1万円くらいすることもあります。この保険がわずか2000円少々の年会費でカバーできるわけですから、おいしいですよね。節約したいのであれば、ANAJCBカードを活用しましょう。
クレジット,カード,旅行,ANA


その他のおすすめカード

画像

三井住友カード

三井住友カードの魅力をたっぷりとご紹介しています。
画像

楽天カード

楽天は総合的な利用で、かなりお得に使えるマルチカード。
画像

ウォルマートカード

意外と人気のあるウォルマートカードをご紹介。