クレジットカードをもっとお得に利用するにはどうすれば良いのでしょうか?

クレジットカードでの超節約術を一挙ご紹介!おすすめクレジットカードの紹介も充実。

家計の節約になるクレジットカードってどう選ぶのが正解?

家計の節約になるクレジットカードを選ぼうと思えば…

自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶのが正解です。たとえば、以下のようなことです。

日用品を頻繁に買う主婦であれば、小売流通系のクレジットカードがお薦めです。たとえば、近所に西友があり、西友でよくお買い物をする人はセゾンカードを持っておくと、毎月2回、お買い物金額から5%の割引を受けることができます。 イオングループのお店でよく買い物をする人は、イオンカードをもっておくと、毎月2回、5%割引が適応されます。 毎月2万円の日用品を買っている場合、5%と言えば1000円です。年間にして12000円です。日用品を12000円ぶんもお得に買おうと思えば、クレジットカードを1枚もっておくといいのです。

●毎月、よくガソリンを入れる人は

毎月、よくガソリンを入れる人は、ガソリンスタンド系列のクレジットカードを持ちましょう。

クレジット,カード,ガソリン,節約術
ENEOSカードなど、最大でリッターあたり7円もお得になります。仮に満タンで50リッターとして、月5回給油をしたら、250リットルになります。これに対してリッターあたり7円のお得となれば、月1750円のお得です。年間にして21000円の得です。かなり節約になります。

●飛行機によく乗る人は

飛行機の移動が多い人はANAカードを。マイルがサクサクと貯まります。マイルで無料航空券をもらえますので、年間で何回か、無料でフライトができることもあります。

●クレジットカードを持つと、節約になります

バブル経済の日本においては、クレジットカードはステータス性を競い合うプラスティックのカードでした。アメックスのゴールドと、ダイナースカードはどちらが格が上なのか・・・みたいな、今から考えるとしょ~もない話が、世間にたくさん出回っていました。 現在は、ステータス性とか、ポイント還元率と言うよりも、普段使いでいかに家計の節約になるかを考慮して、クレジットカードを選ぶほうが賢明でしょう。 デフレ経済は、いずれインフレに転じます。いつまでもおなじ状況が続くほど、経済は動かないものではありません。デフレの今、たとえ1円でも2円でも、しっかりと節約をして貯金しておくことを推奨する経済アナリストもいます。自分のライフスタイルを見つめて、自分が「得をする」クレジットカードを選びましょう。

その他のおすすめカード

画像

三井住友カード

三井住友カードの魅力をたっぷりとご紹介しています。
画像

楽天カード

楽天は総合的な利用で、かなりお得に使えるマルチカード。
画像

ウォルマートカード

意外と人気のあるウォルマートカードをご紹介。