クレジットカードをもっとお得に利用するにはどうすれば良いのでしょうか?

クレジットカードでの超節約術を一挙ご紹介!おすすめクレジットカードの紹介も充実。

ゴールドカードは果たして家計の節約に向いているのか?

バブルの頃は、1人で3枚も4枚もゴールドカードを持っている人がいたものです。

クレジット,カード,ゴールド,節約術
最近はこういう人をあまり見かけなくなりました。言わずもがなで、3枚もゴールドカードを持っていても、年会費がざっと5万円以上はするわけで、とても節約にはなりません。浪費です。見栄と浪費。 そうではなく、お目当ての1枚のゴールドカードを持つことで、節約になるのか? 一緒に考えてみたいと思います。

●ゴールドカードは見栄だけではない

ゴールドカードを所持する目的から見栄を外すと、残るのは「万が一の備え」という目的が残ります。 たとえば、年会費1万円のゴールドカードには、海外旅行補償がついています。最高1億円という死亡保障がついていることもあります。あるいは、海外で病気になったときに、日本語で無料対応をしてくれる専用デスクサービスが付帯されています。 こういう万が一の備えのために、高い年会費を支払います。さて、これが費用対効果に見合っているのかどうか? これは個々人の価値観によるので、一刀両断にどうと言い切ることができないですよね? あなたはどう感じますか?

●VIP待遇の費用対効果は?

ゴールドカードを持っておくと、空港ラウンジを無料で使うこともできます。

空港ラウンジのソファで寝ていても「●●様、ご搭乗の準備が整いました。ファーストクラスのお客様は一般のお客様のご搭乗が終わったのちにご案内いたしますので、いましばらくお待ちください」なんてVIPな待遇もあります。はやく飛行機に乗っても、搭乗ゲートが閉まるのを待つだけなので、最後の搭乗がVIPなのです。 こういう待遇を受けるために、高い年会費を支払うかどうか? これも個々人の価値観によるでしょう。しかし、1回でもこういう経験をすると、自分がすごくVIPになったように思って、どこかしら満足するものです。人の気持ちってそういうものでしょう。

●ポイント還元率

ゴールドカードは、一般カードに比べて、ポイント還元率がいいものです。通常1%の還元率が、ゴールドカードなら2倍ということもあります。よって、クレジットカードをよく使う人は、ポイントと年会費が相殺になることもあります。これは、自分が年間いくらくらいクレジットカードを使うかで計算すれば、実際に得か損かわかりますよね。 もっとも、世のVIPな方々は「万が一の備え」をちゃんとするからお金持ちになっているとも言えます。リスクヘッジをちゃんとしているんですよね。備えあれば憂いなしで、ゴールドカードを1枚つくっておくといいかもしれません。

その他のおすすめカード

画像

三井住友カード

三井住友カードの魅力をたっぷりとご紹介しています。
画像

楽天カード

楽天は総合的な利用で、かなりお得に使えるマルチカード。
画像

ウォルマートカード

意外と人気のあるウォルマートカードをご紹介。